IT系コンサルタントの仕事内容

コンサルタントの分野には数多くの職種がありますが、
その中でもIT系コンサルタント会社には注目が集まっているのが近年の動向です。
IT系コンサルタント会社は一体どんな業務を行っているのかというと、
企業や会社の事業戦略や課題のある事柄に対して情報技術をメインとした課題や問題の解決、
さらにアドバイスや指導を行うのが一般的な仕事内容となります。
企業は、事業の拡大や業務を効率化において、
IT系の力なくしては経営を上向きにすることができないのが現状です。
金融系のコンサルタントとIT系コンサルタント会社が連携を取って
企業の問題を解決したり改善していくことも増えてきました。
もちろん、IT系コンサルタント会社といってもそれぞれ特色も異なり、
身につけておきたいスキルや知識も変わってきます。

たとえばITマネジメント戦略をメインとして行っているコンサルタント会社であれば、
IT戦略を立てたり、ITを導入をした結果を測定したりと、
ITに関することすべてにおいてマネジメントコンサルを行っていきます。
その中で、ERPコンサルタントは、「ERPパッケージ」というものを使って
企業側の業務の改革を実現させるためにどうするのかを決め実行していくことが仕事になります。
CRMコンサルタントは、顧客のニーズをしっかりと把握した上で見合った
商品やサービスを提供したり、プロセスの構築や改善を行っていくのが仕事です。

その他にも、SCMコンサルタントやSAPコンサルタント、
PMOコンサルタントなどIT系のコンサルタントの分野はいくつもあります。
インフラストラクチャコンサルタント。アーキテクチャコンサルタント、
ネットワークコンサルタント、BIコンサルタント、セキュリティコンサルタントなども
最近注目されつつあるIT系コンサルタント業務だと言えるでしょう。

ちなみに、IT系コンサルタント業務への就職、転職については、大卒以上でビジネス実務経験が
3年以上あることというのがどのIT系コンサルタント会社にも共通する条件となっています。
また、経営計画や業務改革、IT戦略やIT導入プロジェクトの経験有というのも、
どのIT系コンサルタントにも求められる条件となっています。
実際に同業種で経験を積んでいることがベストと言えるでしょう。
他にも、IT系コンサルタント会社によって欲しい経歴や資格、条件なども異なってきますので、
自分のスキルと照らし合わせていくことが大切です。

上記のように、IT系コンサルタント会社はそれぞれに特色も異なっており、
おのおの独自の分野を確立しています。
サイトなどを参考にしながら、IT系コンサルタントについて詳しく調べることをお勧めします。