ITコンサルタント関連資格

バイブル

ITコンサルタントに資格が必要か

ITコンサルタントとして仕事をする時には、基本的には資格が一切必要ありません。
ITに関する知識は開発におけるプロセスであったり、設計を行う手法などといった下流工程で把握していることやプロジェクトにおけるマネジメントスキルが重要となってきます。
コンサルティングを行う時には経営的な視点であったり、論理的思考や社員などとのコミュニケーションに関する能力もコンサルタントについてスキルが問われていきます。

各企業でニーズが高いITコンサルタントですが、深い専門的な知識などがポイントとなっていきます。
関連するスキルとして重要なのが問題解決を可能とするスキルです。

どうしてもクライアントというのは経営において抱えてしまう問題があります。
それをITコンサルタントが発見していき、課題として解決できる方法を見出すことが重要となっていきます。
問題は各企業で千差万別となっており、シナリオを構築する時には内部または外部的な要因をしっかりと掴んでいかなければなりません。

そして論理的な思考力が問われていきます。
論理的思考というのはコンサルタントしていく上で基本となるスキルとなっており、生き残っていくために最低限必要なことです。

クライアントが抱えている課題について解決していく際には、解決する理由から組み立てていきますが、その思考をしっかりと持っているかどうかです。
様々な観点からアプローチができるようにしておきましょう。

論理的思考以外に求められること

コンサルタントにおける資格については必要がありませんが、他の職業と比較をしていくとクライアントとの密接な関係を形成していきます。
そして経営において重要な情報を手元に持ってくるため、職業に関する倫理観が高くなければなりません。
これはコンサルタント業務で資格を求められる以上に必要なことであり、簡単に情報が漏洩したり悪用しないようにすることを意識しなければなりません。

業務の遂行については強い責任感を求められますので、失敗しないことを意識していきましょう。
単に他のIT関連の資格を持っているだけでは、信用にはつながる確率は低いといってもいいでしょう。

また要求されている仕事だけをこなしていくという意識を持っていては、たとえコンサルタント関連の知識を証明する資格を持っていても意味がありません。
クライアントの期待に応えていくことができる価値を生み出していけるようになりましょう。

そしてコンサルタント業務というのは人と関わっていく仕事となっていきますので、コミュニケーション能力も問われていきます。
プロジェクトの成功については、コミュニケーションによって決まってくるといっても過言ではありません。

ビジネスにおいて意見を引き出せるようにするスキルをつけていくことで、コンサルティング業務を円滑に進めていくことができるでしょう。
そのスキルも資格以上に求められていきます。