クライアントへのプレゼンテーション

プレゼンテーション

プレゼンテーションは程よい説得力

様々な人を魅了していくプレゼンテーションがありますが、ITコンサルタントとしてプレゼンテーションを行う際に気をつけたい点は色々とあります。
これはITコンサルタントだけでなく、様々な職種で行われるプレゼンテーションも同じことが言えますが、内容について程よく説得力を持たせなければなりません。

これからビジネスで活かすことができる企画などについて、なぜメリットがあるのか説得させていくのがプレゼンテーションの肝とも言えます。
取り扱っていく商品もしくはサービスについて、注文をどんどん入れられるように、いいところも悪いところも明確に見せていくのがポイントとなっていきます。

成果が出せるプレゼンテーションの方法としては、資料作りから始まっていきます。
ここでは見栄えがいい状態に仕上げていくだけでなく、説得力を持たせるように、明確に見せていくことができるインパクト溢れる資料を作って行くことが重要になっていきます。
魅了するキャッチコピーであったり、紹介をしている際にも資料とともにインパクトが有る話をしていくことがコツといえるでしょう。

プレゼンテーションを行っていく中で、説明を受けている側の感情が動けば成功したともいえるでしょう。
とにかく期待させる表現を要所要所で取り入れてみたり、理屈を一切使わないで結論を出せるような内容になっていると成功しやすいです。
期待感を持たせていくような内容に仕上げていきましょう。

ビジネスで活かせる期待感を伝える

プレゼンテーションは決して講義ではありません。
受け手としてはビジネスで生かせるかどうか判断する場としたいのです。

決して説得をしてもらいたいというわけではありません。
そのため、退屈になってしまう説明を一切使わないようにしましょう。
受け手側というのは、プレゼンテーションを行う情報について、ある程度期待を持ちながら臨んでいますので、徐々に期待感を高めていくことができる内容で伝えていきましょう。

そのためにも最初が肝心です。
導入していく部分が明確に伝わっていくことによって、プレゼンテーションの是非がほぼ決まってしまうといっていいでしょう。
数分でプレゼンテーションに価値があるかどうかを判断されますので、期待感を失わせないように伝えていくことが重要になっていきます。

期待感を失わせないようにするには、時期としてチャンスとなっているので活用してほしいことや、活用しなければ損失が大きくなってしまうといった内容を伝えられるといいでしょう。
真剣に聞いてもらえる体勢を作れることができれば、ここからは一気にプレゼンテーションの質が向上していきます。

ここからサービスなどの利益であったり、インパクトを与えるキーワードを伝えていくことで明確になっていきます。
人を魅了するプレゼンテーションは、期待感を常に維持できるかどうかがポイントとなってくるでしょう。