ITコンサルタントの仕事領域

コンサル

ITコンサルタントが担当する仕事

各企業では様々な問題に直面したり、今後の事業戦略について思案していかなければなりません。
当然ながらIT関連においても考えていかなければならず、専門家を招いて色々と思案するケースも少なくありません。

そんな中で活躍する職種がITコンサルタントです。
ITコンサルタントは事業戦略に欠かせない存在として、様々な情報を収集していきます。

このITコンサルタントが担当する仕事は、企業が現状で抱えてしまっている事業戦略であったり、今後の経営にて抱える課題をITという観点から解決へ向けていく仕事になります。
情報収集後に資料を作成していき、戦略の具体化やサポートを行っていくのがITコンサルタントの遂行する業務となっています。

現在ではITという分野は企業でも事業拡大をしたり、業務効率化や他社と比較または連携の強化を行っていくツールとして必要不可欠なアイテムとなっています。

そしてITコンサルタントが担当する仕事内容も多岐に亘ります。
システムを導入する時のプロセスとして、上流から下流まであります。

例えばIT戦略コンサルタント業務ではIT関連の投資や情報化における人材戦略といった業務の計画や立案そして事業の遂行について支援していきます。
またERPコンサルタントはツールを利用していきながら、業務改革を実現させつつ企業を成長させる業務を担当します。

業務におけるやりがいや必要なスキル

企業の活動に対して、ITコンサルタントは色々な業務を担当していくことになりますが、それぞれにやりがいを感じることもあります。
ITマネジメントにおける戦略コンサルティングというのは、顧客ニーズを分析していくCRMやサプライチェーンの戦略を立案していくSCMに代表するように、ビジネスのプロセスを変化させる業務も担当することになります。
この業務に携わっていくことによって、ITを活用した戦略を活発にさせていくとともに具現化していきます。

そして事業戦略について企画や推進をしていく際に役立ていくIT関連のシステムを少しずつ構築していくのがIT活用プランニングです。
この業務は競争を優位に進めていくためにITを活用できるように組み立てていきます。
プロジェクトの選定にも役立てていくことになりますので、必要不可欠な存在になるといってもいいでしょう。

その後は事業の戦略とIT上での戦略をITコンサルタントが結びつけていきます。
業務プロセスにおいて、どこで競争について優位に進めていくためにITを利用していくかを策定していかなければなりません。

分析した結果を再度事業戦略で生かせるか、企業内で思案していきプロジェクトの識別を行っていきます。
プロジェクトの構築を行っていく際には費用対効果を熟考していき、パフォーマンスが高いIT関連の投資を行えるようにしていかなければなりません。
それがITコンサルタントのスキルアップにつながっていきます。