転職を希望されている方へのアドバイス

転職

一般的には、一事業所で活動してある程度知識を身につけ、
技術力を高めて自信を持つことができれば、転職をするはずです。
その中では30代~40代が転職の最盛期といっても過言ではないかもしれないのですが、
ITコンサルタント業界ではこれが通用しません。
もちろん、MBAやCPAなどの資格を取得してから転職を検討するという方もいるでしょうから、
一概には言えないのですが、ITコンサルタントに限らずコンサルティングファーム全体として、
共通して20代半ばから30代前半の人材を求めている傾向が強いということです。

確かに、スキルや経験があれば、30代~40代の方でも
ステップアップが見込める転職を実現させることができるでしょう。
ですが、業界全体が若い世代を求めているのには理由があるのです。
ITコンサルタント然り、その他のコンサルタント然り、コンサルタントとして活躍するためには、
スキルを身につけると同時に専門的な知識を得ていかなくてはいけません。
それにはある一定の時間がかかるのは言うまでもなく、先が長く、
まだ頭が柔軟な若い世代が求められるのです。
40代以降は、知識やスキルをある程度身につけておけば、
転職の際に即戦力となれるのは間違いありません。
ですが、考え方が固定化していまっているところがありますので、
新しいことに挑戦する力を持っていたり、
飲み込みのスピードが早い20代~30代前半の若き力を必要としているのが現状でしょう。

ITコンサルタントという仕事は、自分の時間を削って仕事をしていることも少なくありません。
引きぬきという形で転職をされる方も多いのですが、
これは次の会社を探す時間を取ることができないからだと言われています。
転職をするからには年収も今まで以上にアップしてほしいと願うでしょうし、
今まで以上にやりがいがある仕事、そして責任のあるポジションを希望されている方もいるでしょう。

それにもかかわらず、確認不足、認識不足からITコンサルタントへの転職が上手くいかなくなって
しまうことも多いですから、転職サイトなどを上手に活用していくといいでしょう。
相談できる諸先輩がいる方は、ぜひ転職のアドバイスをもらうようにしてください。
転職の経験がないITコンサルタントというのはほとんどいません。
ですから、転職をこれからしようと考えている人にとって、
実際に転職に成功した人が身近にいるというのは大変心強いと思いませんか?
未経験のことやわからないことは、経験者に聞くのが一番です。