ITコンサルタントの志望動機とは

志望動機

コンサルティング業界が賑わっている昨今、履歴書の中でも志望動機の内容を重視する企業が増えてきています。
中には、志望動機書のみの提出が必須ととなっている会社もあると言いますので、それだけ重要な割合を占めていると言えるのではないでしょうか。

なぜ、コンサルティング会社がそんなにも志望動機に重点を置いているのか。
それは、コンサルティング業界は先ほどもご紹介したように賑わいを見せているため、求人が出るとたちまち多くの方のエントリーシートが届きます。
よって、その中でも優れた人材を効率よく見つけ出すために志望動機書の提出を必須としているのです。
また、コンサルタントという特殊な仕事に向いているかどうかを志望動機で予めチェックすることができますので、無駄を省くためというのもあるかもしれません。
志望動機書なんて言うものを書いた事がある人の方が少ないと思いますが、やはり作成するのは容易なことではありません。
決められたサイズにびっしりと志望動機を書くことができる人は早々いませんし、志望動機書を書くとなれば応募した企業について調べたりどういった事に強みを持っているコンサルティング会社なのかくらいは知っておかないといけません。

「受かれば儲け」というような動機で応募された方の多くは志望動機書の作成を面倒くさがりますから、そこでもずいぶんの人が諦めたりしているはずです。
コンサルティング会社は、相手に的確に伝えたいことが伝えられる文章力を持っているかどうかも志望動機書などでチェックしているとされています。
文章がしっかりとかけておらず、ただ単に長い文章を書いているだけという人はコンサルタントとして不向きという判断を下すことができるため、人選ミスも少なくなるというメリットがあることから、志望動機書などの提出が必須となっている会社もわるというわけです。

なぜ、コンサルティング会社に転職しようと思ったのか、転職をして何をしたいと思っているのかを志望動機書に盛り込むようにしていきましょう。
面接でも、なぜこの会社を選んだのか、仕事をするとしたらどういった事を行っていきたいのかということはどの世界でも必ず聞かれますよね。
ということは、逆に考えれば聞かれるであろう質問に対した解答を志望動機書に書けばいいのです。
明確な理由もあわせて、相手に文章が通じるように書いていきましょう。
何度も書き直しをして、第三者に読んでもらうようにすると尚良しです。
転職サイトなどを通じて、エージェントなどが志望動機書や履歴書の書き方についてアドバイスをしてくれることもあります。
プロの意見を参考にすることができる最大のチャンスですので、コンサルティング業界へ転職を希望される方は是非、転職サイトなどを通じて行動に起こしていくと良いでしょう。