大手ITコンサルタント企業のメリットとデメリット

大企業

転職に成功するかどうかは人それぞれによって異なってきますので、一概には言えません。
誰でも大手企業に勤めることが良いと考えがちですが、ITコンサルタント業界に関しても同じことが言えるのでしょうか。
実は、大手企業に勤めていたITコンサルタントの人が中小企業に転職をするということは珍しくないと言われていることを知っていますか?
普通なら、なぜ大手の会社を辞めて中小企業へ転職するのか分からないでしょう。
しかしながら、大手には大手ならではのデメリットがあるのです。
それは、外注をできるだけ多くすることで外注管理をしていくことが多くなるのが大手企業だからです。
つまり、外注に仕事を依頼することで自分はITコンサルタント業務に通ずる仕事をするよりも、外注の管理などをすることがメインになってしまうため、自分も持っている技術や知識を活かす事ができないと感じるようになってしまうというわけです。
ITコンサルタント業務によっても異なってくるところはありますが、エンジニア関連の仕事は特にスキルを身につけていかなくてはいけませんので、外注管理のような業務がメインになってしまうとスキルを身につけるどころか時代に乗り遅れてしまいます。

技術が物を言うという考えを持っている方は、特に大手ITコンサルタント企業で働くことが徐々に苦痛になってきてしまうでしょう。
逆に大手企業に向いている人もいます。
それは、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーになることを夢見ている人です。
大手企業には「安定」を得ることができるという、最大のメリットがあります。
キャリアアップできる人は限られてしまう部分はあるものの、出世をすることがすべてではないという人でも会社に残ってある程度の月収をもらうことができます。
出世をしたいという意欲をなくした人は、安定を求める傾向にあるため大手企業に骨をうずめます。

逆に出世をしたい、今よりも高い年収を得たいという人は大手企業においてキャリアを積んでから中小企業において、ある程度の階級で高い年収を得るということもできるため、大手企業に見切りをつける人もいるのです。
どちらが良いかとは一概には言えませんし、大手企業で一生働く事が良いことではないというわけではありません。
自分がITコンサルタントとしてどういった仕事をしていきたいのか、将来はどのような仕事をメインにしていきたいのかによって転職をした方が良いのか、それともこのまま大手企業で働いていくのが良いのかが変わってきます。