面接で受かる人と受からない人の差

不採用

同じ資格を持っていて、同じくらいスキルがあるにもかかわらず面接に受かる人もいればそうではない人もいます。
場合によっては、経験のある人ではなく未経験の人を採用するケースもあるくらいですから、面接に受かる人と受からない人の差はどんなところにあるのか疑問に思いませんか?

面接は採用してもらうためのものにすぎない、そう思っている方も多いと思います。
確かに、その通りではあるのですが、面接と仕事は全くの別物と思っていると受かるところが受からないことも多くなってしまいます。
面接は、面接官が次のステップにつなげるに値する人材かどうかをチェックするもの。
ということは、会社にとって利益となる素材があるかどうか、が面接の中で問われています。
もしもこの面接をプレゼンの場としてではなく、ただ単に採用してもらうためのものだと考えているのであれば、面接をどういった場面であるのか、再度見直してみることをお勧めします。
面接=自分のプレゼンの場であると思えば、おのずと短い時間でどういった事を伝えればいいのか、短い中で自分をどのように印象づければいいのかがわかってくるはずです。

面接を受ける人の大半は、企業のホームページを見たりパンフレットを見て情報を収集しています。
ですので、どういった仕事をしていてどんな人材を求めているのか、それは誰にでも実はチェックすることができるものなのです。
ですが、その先には得た情報から自分が経験してきたことを踏まえてどういったことができるのか、もしも自分ならどういったことをしていきたいと思っているのかを説明することができれば、面接に受かる可能性も高くなることでしょう。
また、面接時に自分の伝えたいことを伝えるということはとても大切ではあるものの、ただ単に伝えているだけでは意味がありません。
どういった事なのかというと、面接時には相手に伝わるように話せているかどうかもチェックされているということ。
ITコンサルタントは、人の前に立ってプレゼンをしたり説明をする機会も多くなります。
そういった意味では、面接の時に上手く自分の伝えたいことを伝わるように話しているかどうかも見られているということを忘れないようにしたいところ。
相手の立場に立った説明ができれば、ITコンサルタントのみならずどこの業界においても重宝される人材となれることでしょう。
ITコンサルタントだからこんな面接ではくてはいけない、こういった言い回しをしなくてはいけないということはありません。
自分自身の言葉で相手に伝わるようプレゼンできる力を身につけましょう。